女性がセフレを作るリスク

セフレを作るということには、男性にとっても女性にとってもメリットがありますよね。
男性も女性もセックスをしたくてセフレを作ることになるのですから、セフレという相手が見つかること自体はメリットといえます。
しかし、それに対してデメリットがあることも無視できない問題です。
セフレを作ることについてのデメリットとして、どのようなことがあるかというと、やはりセックスをするのですから、妊娠するリスクがあります。
これは特に女性にとっては、非常に大きなリスクになってしまいます。
男性の場合にはこういったリスクがなく、セフレは切り捨ててしまえばいいので、避妊に対してはルーズになりがちです。
ですが、女性は自分の体のことを考えると、確実に避妊を徹底することが必要になってきますね。
例えばゴムを付けたとしても、それで確実に避妊できるとは限りませんので、女性にとってはセフレと関係を持つたびに危険な橋を渡っているということになります。
また、セフレの関係をした相手に写真を撮られてしまい、それをインターネットに流出させられるかもしれません。
セフレの関係にとっては、メリットばかりではなくデメリットもあるのです。
それも理解したうえで、関係を楽しむようにしなければなりません。

専用のメールアドレスを使おう

普通のやれるアプリサイトを使うときでもよくいわれることですが、サイトを使うときにはそこに登録するメールアドレスに気を付けましょう。
普段から使っているようなメールアドレスをよくわからないサイトに登録してしまって、どこからか情報が流出してしまうということも考えられます。
セフレサイトでもそれは同じことで、もしかしたら悪質な業者によって運営されているサイトかもしれないという考えを意識のどこかに持っておくべきでしょう。
フリーのアドレスを取得することは何も難しいことなどはありませんから、サイトに登録をする専用のアドレスを使ってみるのがいいでしょう。
そうすれば、メールアドレスがばらまかれてしまって自分のところに迷惑メールが大量に届くということもなくなるでしょう。
サイトを使っていて誰かと親密になったとしても、相手と距離が近づいてきたら本当のアドレスを聞き出すようにすればそれで問題はありません。
むしろ、そのアドレスの交換という儀式を越えたからこそ、お互いに距離が縮まったと認識できるというメリットもあります。
逆に、フリーのアドレスだけで徹頭徹尾やり取りをしているようにしていれば、自分の本当の恋人にはセフレがばれなくなるというメリットも作り出せるかもしれませんね。